投稿

5月, 2019の投稿を表示しています


嗜好品という視点から見たヴェポライザーで吸うシャグ。普通のタバコ葉やっぱり違うよね‥

イメージ
嗜好品は、広辞苑では「栄養摂取を目的とせず、香味や刺激を得るための飲食物。酒・茶・コーヒー・タバコの類。」となっています。

タバコも嗜好品の一つと言うことになりますが、紙巻きタバコとヴェポライザーで吸うシャグでは、嗜好の仕方にかなり違いがあると感じています。

ここからは私の個人的な考えなので、この記事を読んでいる皆さんが同じ考えだとは思いませんが、大部分の人は同じような感じると思います。




どちらもニコチンを摂取することが主目的であることは同じであると思いますが、紙巻きタバコの場合は、数ヶ月から数年、同じ銘柄を吸い続けることが普通だと思います。私の場合も数年単位で同じ銘柄を吸っていました。違うタバコを吸うにしても、同じ銘柄でニコチンの量の違うものを吸っていました。たまには気分を変えて違う銘柄を吸ってみようという発想もほとんどありませんでした。

しかし、ヴェポライザーでシャグを吸うようになった当初は、味の確認もあって常に数種類のシャグを購入していました。既に半年がたちましたが、未だに同じ銘柄だけを吸い続けるようにはなっていません。もちろん自分に合っていると感じたシャグを再度購入する事はありますが、それでも、そのシャグだけを買うわけでは無く、口に合ったものを数種類購入しています。




何故数種類のシャグを購入するのかと言えば、一週間も同じシャグを吸い続けると飽きると言うことが一番の理由です。以前チェ・シャグを三袋購入して吸い続けたのですが、二袋目くらいで飽きてきて、段々不味く感じるようになりました。そんなことがあって以来、一種類に固定するのは無理だと感じました。

紙巻きタバコの時は飽きなかったのに、何故ヴェポライザーで同じシャグを吸うと飽きるのか考えてみると、煙とミスト(水蒸気)の違いが大きいのでは無いかと思います。ヴェポライザーで吸うシャグは、飲料水と同じような感覚になっているのでは無いでしょうか。

飲料水の場合は、その時の気分で、炭酸飲料、果汁飲料、スポーツドリンク、コーヒー、お茶、水等々を選びます。ヴェポライザーで吸うシャグも水蒸気なので、水分に近い感覚では無いかと思います。

ヴェポライザーとシャグの相性もありますが、私はその時の気分でヴェポライザーとシャグを選んでいます。飲料水も常に同じものばかりの飲むのでは無く、その時の気分で選んでいます。と言っても、あまり時間を…

アークローヤル(ピニャコラーダ)ヴェポライザーでシャグ【シャグレビュー】

イメージ
アークローヤル・ピニャコラーダ ARK ROYAL PINA COLADA
着香 30g 780円 26.0円/g 湿気多

・トロピカルな優しい香り
・ウルグアイ製

封を切って匂いを嗅いでみると、ココナツの甘い香りがします。

Pina Coladaの意味を調べてみると、スペイン語でカクテルの1種でした。

 ラムをベースに、パイナップルジュースとココナッツミルクを砕いた氷と一緒にシェイクして作るロングドリンクで「うらごししたパイナップル」の意味ということでした。

RedFire(170度)で吸ってみると、まさにココナツの味と香りで、甘いシャグです。

ココナツの味の他に、薄らトロピカルな味がするのですが、多分パイナップルの風味だと思います。

ココナツ味の方が勝っているので、かすかに感じる程度でした。

個人的には嫌いな味ではありません。

C-vapor3(170度)でも同様の味わいでした。

他の着香のシャグで感じた私の嫌いな味も感じないので、悪くない味わいです。

ただ、こればかり吸うのはちょっとしつこい感じで、たまに甘いシャグがほしいときに吸うのにぴったりのシャグだと感じました。

気になった点は、結構匂いがヴェポライザーに残ることで、注意が必要です。

また、着香系はよくあることだと思いますが、チャンバーが汚れやすく、若干シャグぽん率が落ちる傾向があります。

対策として私は、味が抜けるかもしれませんが、シャグを少しだけ乾燥させて、しっかり乾燥するまで吸いきる(2度吸いしています)ようにしています。

湿気の多いシャグにはよくあることですが、このシャグも同様で、2セッション目の方がミストが多く、味も良く出ます。

ただ、着香された味は1セッション目でほぼ消えるので、2セション目はたばこの味となります。

しっかり密封できる容器に入れて、時々吸う感じで使っていこうと思ていましたが、カビが怖いので、最近一気に消費しています。

このシャグばかり吸うのは、若干苦痛ですが、まぁ、吸えないことも無いので・・・・笑

10g位のパッケージならまた買っても良いかと思いますが、30gはもう買わないと思います。



チェ(シャグ・メンソール・シルバー・ブラックメンソール)ヴェポライザーでシャグ【シャグレビュー】

イメージ
チェ・シャグ che shag
無添加 25g 600円 24円/g 湿気少

・バーレー、バージニア、オリエンタル、メリーランド葉を使用した、香料無添加
・少しだけ酸味を感じるようなタバコ葉の香り
・ルクセンブルク製

値段が安く、人気のシャグですね。

たばこ屋さんも、よく売れるシャグだと言っていました。

ハイタバコ・バージニアブレンド比較すると、湿気が少なめで、そのせいかもしれませんが、ちょっと苦いです。

私は、少し加湿して吸っています。

そのまま吸えば、乾燥している分ニコ汁の上昇は少なく感じます。

このシャグも、普段吸うには良さそうですが、私の好みのマックバレン・バージニアブレンドやハイタバコ・バージニアブレンドに比べると味は薄く感じます、

どちらかと言えばチャンバーが大きめのヴェポライザー向きでしょうか。

しかし、値段も安く、普段吸いにはもってこいのシャグかもしれません。

少し加湿してやれば、私にはちょうど良い味になります。

他にお気に入りが出来たので、しばらく買っていませんが、多分また買うと思います。

※追記

最近購入してなかったのですが、久しぶりに買ってみました。

久しぶりに吸うと、ちょっと苦みを感じました。

やはり他のシャグに比べて少し葉が乾燥しているようなので、早速加湿してやりました。

いつもは、ティッシュを水で湿らせてペットボトルのフタに入れたものを保存容器に一緒に入れてやるのですが、今回は水では無く安いワインを使ってみました。

違いがあるかどうかはわかりませんが、少しまろやかな味になった気がします。

苦みも消えて良い感じで吸えるようになりました。

あとは、やはりちょっと薄味かなと言うのを感じています。




チェ・シャグ・メンソール che shag Menthol
無添加 25g 600円 24円/g 湿気少

・メンソールの爽やかな香り
・奥深くにタバコ感のある香り
・ルクセンブルク製

始めて吸ったときは、結構メンソールがきつく感じました。

このシャグも湿気が少なめで、ニコ汁はほとんど上がってきませんが、押し込んでもふわふわなので、あまりたくさんシャグを詰めることが出来ない感じです。

このまま使用すれば、消費量は少なめになりそうです。

私の場合は、他の着香系と同様にたまに吸うのが良い感じです。

始めて吸ったときは、結構メンソールがきつく感じました。

押しバネでヴェポライザーのミスト温度を下げる実験

イメージ
押しバネを使って、ヴェポライザーのミストを冷やせないか試してみる
先日ヴェポライザーで舌を火傷してしまったので、ミストを冷やす方法を考えていました。

高温で加熱した方が味が濃くなるので、シャグによっては高温で吸いたいことがあるのですが、ミストの熱さがネックになっています。

長いシリコンチューブを使えばミストを冷やすことは出来るのですが、持ち運びが不便なので、よりコンパクトに出来ないかと思案していたのですが、その時思いついたのが押しバネの利用です。

マウスピースの構造からバネが使えそうなヴェポライザーは「C-vapor3」と「RedFire」なので、この二つで試してみました。

先に完成形を紹介すると、以下の写真の様になります。






ガラスマウスピースに押しバネを入れてやるだけなのですが、一応中でバネが動かないようにちょっとだけ手を加えてやりました。

既に完成形の写真でわかると思いますが、材料は押しバネとシリコンチューブです。シリコンチューブは今までに何度も登場している、外径6ミリのものです。熱への耐性を考えると、シリコンチューブ一択です。

押しバネはC-vapor3用が外径5ミリのもので、RedFire用は外径4ミリのステンレス製のバネを使いました。












C-vapor3のマウスピースの内径は約6ミリなんですが、6ミリのバネは入りませんでした。外径5.4ミリのものも売っていたので、今度買ってきて試そうと思っています。

C-vapor3に5ミリのバネは、ちょっと隙間が出来ます。また、バネを入れる部分の長さが10ミリ程度に対し、バネは20ミリなので、上下両方からシリコンチューブで押さえ込むようにしてあります。

RedFireは4ミリのバネがピッタリなのですが、そのままだと中で動くので、片側をペンチで少し広げて、中で引っかかるようにしました。

肝心の火傷対策なのですが、劇的にミストが冷やされると言うことはありませんが、少しは冷えるので、一口目の「あちち」防止には多少は効果がありそうです。

実はさらに冷やすため、バネの中についでに購入した厚さ0.5ミリのアルミ板をカットしてはめてみましたが、冷えるものの味が薄くなってしまうので、アルミ板については、もう少し試行錯誤してみようと思っています。。






今回は、ミストの熱対策としてバネを使いましたが、ニコ汁も、バネで止まるので、ニコ汁対策に…

ヴェポライザーの加熱温度を上げてみました(ヴェポライザー日記#14)

イメージ
舌の火傷も治ったようなので、加熱温度を少し上げてみました。

ここのところ、下の調子が悪くて、ヴェポライザーの加熱温度を170度にしていたのですが、やっと直ったようなので、久しぶりに200~220度で吸ってみました。




使ったシャグはぺぺ・リッチグリーンで、使ったのはヴェポライザーはRedFireとC-vapor3。

前回舌の火傷で、味がわからなくなったりもしたので、火傷には気をつけながら吸いました。

お味の方は、予想どおりなのですが、かなり濃く、ニコクラを感じました。

最近は、dynavapがツイッターのフォロワーさんの間ではやっているのが高温で吸った理由なのですが、高温の方が味は濃くなりますね。

dynavapはシャグを入れる部分をライターなどであぶる方式のようで、あぶっては2~3回吸うのを繰り返す使い方のようです。

また、ミストが煙管を通ってくるので、上手く冷やされているのでは無いかとおもいます。

dynavapについては、火であぶるので当然ヴェポライザーよりも高温でシャグを加熱することになり、結果として美味しいと感じているのではないかと想像しています。

皆さん美味しいと言っているので多少興味はありますが、あぶりながら吸うのはズボラな私には向きそうもありませんし、それなりに火力のあるライターも必要になりそうなので、購入する予定はありません。

こんなことを考えながら、ヴェポライザーも高温で使えば、低温より美味しい可能性はあると思い、高温で吸ってみました。

購入当初は、キックがほしいことと味が薄く感じらたので、高温で吸っていたのですが、そのうちキックはどうでも良くなり、味もそれ程濃くなくてもよい思い始めて、ずっと180度くらいで吸っていました。

今回久しぶりの200度は、かなり味は濃く感じましたが、やはりミストが熱い。

後は、ダラダラ吸うにはちょっと向かい無いかなと感じました。

上手くミストを冷やすことが出来れば良い感じになりそうですが、長いシリコンチューブをマウスに繋ぐくらいしか今のところ思いつきません。

この方法は以前に試していて、家の中では問題無いのですが、外では使いづらいのが難点です。

舌を火傷もしたことですし、なるべくコンパクトに上手くミストを冷やす方法でも考えようと思っています。




第4の加熱式タバコ、ヴェポライザーとは?

イメージ
ヴェポライザーとは、英語で”Vaporizer"と書き、日本語では気化器と訳されます。

ヴェポライザーで粉シャグの吸い方

イメージ
粉シャグの処理法
ヴェポライザーでシャグを吸っていると、どうしても最後に粉シャグが残ります。

そのまま吸うと、味がいまいち安定しないので、捨ててしまおうかとも思いますが、貧乏性の私は捨てることもできず、なんとか吸いきっていますが、いまいちおいしく吸えていません。


ということで、現在やっている粉シャグの吸い方の紹介です。

使うのは、スペーサーを持っているC-vapor3。

もともと、スペーサーに粉シャグを入れて吸っていたのですが、そのままだと、粉がフィルターの網にこびりつきます。

そこで、粉シャグをスペーサーに詰めたら、グリセリンを1滴垂らします。

グリセリンを垂らすと、ベタベタして後処理が面倒なので普段は使わないのですが、これを垂らしておけば、スペーサーからこぼれにくくなり、ミストもモクモクなので、たまには良いかと思っています。

グリセリンを垂らしたら、少ししみこませます。

後は吸うだけとで、C-vapor3にてモクモクやっていまましたが、最近はグリセリンでは無く、vape用のリキッドを使っています。

使うリキッドは適当ですが、一応メンソールも1滴たらしてやります。




先日リキッドのセットを購入したこともあるのですが、グリセリンは味が無いので、リキッドの方が色々楽しめます。

そして、もう一点変更した点があります。

今までは、スペーサーに詰めやすいので、粉シャグも加湿していたのですが、加湿するのをやめて、逆に乾燥させています。

これは、粉シャグが加湿してあると湿気が多すぎて吸いづらいのと、ミストで「あちち」となりやすいからです。

また、乾燥させておくと、リキッドがシャグによく馴染むので、味の出方が良い感じになります。

もちろんグリセリンでも良いのですが、シャグを少し乾燥させておくと吸いやすくなります!

ヴェポライザーで最近のお気に入りの吸い方(ヴェポライザー日記#13)

イメージ
ここ数日、ヴェポライザーで吸った味が薄く感じられて、迷走を続けいます。


まぁ、ニコチンが吸収出来れば何でも良いのですが、やはり、味はしてほしい。


リキッドも使いながら色々試しているのですが、現状一番気に入っているのは、紙巻きのアメスピです。


そのまま吸ったら葉が乾燥していて苦いので、リキッドを垂らしています。


カットしたアメスピをスペーサーに入れて、レッドブルとメンソールのリキッドを2滴ずつ垂らしています。


使用するヴェポライザーはC-vapor3で温度は170度です。





シャグでやっても良いのですが、シャグは湿気があるため、結構な確率で「あちち」となりますので、アメスピを使っています。


紙巻きのアメスピはもともと乾燥しているので、程よい湿気になります。


おしいのかと言われれば、不味くは無いと言うところですが、味が感じられないよりは随分良い感じです。


ただ、この味に慣れてしまうと、シャグの味がさらに薄く感じられるようになるのでは無いかと多少の不安はあります。


とりあえず、レッドブルだけで無く、色々なフレーバーのリキッドを試してみるつもりですが、シャグも少し乾燥させて使って見ようと思っています。


良い味が見つかったらまた紹介させて頂きます。

なんともシャグの味が薄く感じられて、色々と迷走中(ヴェポライザー日記#12)

イメージ
どうも最近は、シャグの味があまり感じられなくて、色々と迷走しています。


先日購入したvapeリキッドを付けて吸っていますが、ドンピシャの味にはまだ出会えていません。


最近最も良い感じ吸えるのは、紙巻きのアメスピをカットしたものに、メンソールリキッドを2~3滴垂らしたものですが、ちょっと苦めです。





まぁ、それでもタバコを吸っている感はあるので、この吸い方がメインになっています。


シャグ+メンソールリキッドも悪くは無いのですが、スペーサーから吸い殻が取り出しにくいのが難点です。


舌の調子が悪いせいかとも思っているのですが、当面はアメスピカットで様子見です。


まだマックバレンが2袋と開封済みのぺぺ・リッチグリーンがあるので、購入は先のことにありそうですが、次回は久しぶりにハイタバコ黄でも買ってみるつもりです。

シャグや紙巻きタバコに色んな味のvapeリキッドを垂らしてヴェポライザーで吸ってみる

イメージ
以前から、試してみたいと思っていたのですが、ついにvapeリキッドを買っちゃいました。
着香シャグが口に合わないこと、最近シャグの味が薄く感じられることとが多いこと、色んな味を試してみたいというのが主な理由です。


購入したのは、「Vapepax 電子タバコリキッド Liquid 5ml×12本セット」でAmazonで1,299円です。


vapeは持っていませんし、vapeで吸うつもりもありません。


シャグや紙巻きカットに垂らしてヴェポライザーで使います。


リキッドの味を楽しみたいと言うよりは、薄味のシャグや、乾燥した紙巻きタバコに添加して、ちょっと吸いやすくするのが主目的です。


美味しく吸えれば一番ですが、シャグの味と混ざっても違和感のないものを探したいと思っています。


この手のリキッドのセットは、メンゾール系が多いようなのですが、なるべくメンソール系ではないものを選びました。


配合は、VG(植物性グリセリン)40%:PG(プロパンジオール)60%なので、どちらかと言えばミストは少なめでしょうか。


舌を火傷したようで、何吸っても不味い(ヴェポライザー日記#11)

イメージ
どうやら舌の調子が悪く、火傷しているようです。

ここ数日、ヴェポライザーでどのシャグ吸っても不味い。


私の好きな甘みを全く感じられていません。


シャグを加湿しすぎると、熱い水蒸気が出てくるので、そのためだと思います。


加湿は加減が難しい。



とりあえず、メンソールならそれ程不味くも感じないので、チェ・メンソールと、アメスピカットしてメンソールリキッド垂らして吸っています。




シャグに垂らしても良いのですが、紙巻きカットの方がスペーサーからの取り出しが楽だし、どうせ味も良く解らないので、アメスピです。


そして加熱温度もいつもは180度ですが、170度に下げています・・・




皆さんも舌の火傷にはお気を付けください。


余談ですが、今回のようなことはこの先も起こると思いますので、リキッドのセットを購入しました。


もちろんvapeで吸うためのものでは無く、タバコ葉に垂らしてヴェポライザーで吸うためです。


着香系のシャグが口に合わないのすが、色々な味を試してみたい気持ちはありましたので、それも兼ねての購入となります。


購入したのは、「Vapepax 電子タバコリキッド Liquid 5ml×12本セット」(Amazon 1,299円)





vapeリキッドのセットは色々あるのですが、なるべく安くて種類が多くてメンソール系の少ないセットを選びました。


【タバコ系】セブンスター風味

【メンソール系】メントール風味、アイスミント風味

【ドリンク系】レッドブル風味、コーラー風味、コーヒー風味

【フルーツ系】グリーンアップルメントール風味、ロケットベリー風味、パッションフルーツ風味、ライチ風味、グレープフルーツ風味、

【スイーツ系】バニラバター風味


VG(植物性グリセリン)40% : PG(プロパンジオール)60%なので、ミストは少なめだと思います。


これを、アメスピかシャグに1~2滴垂らして吸ってみようと思います。


まだ届いたばかりですので、レビューは近日中にアップします!

ぺぺ(リッチグリーン)ヴェポライザーでシャグ【シャグレビュー】

イメージ
ペペ・リッチグリーン Pepe Rich Green
無着香 30g 710円 23.67円/g 湿気小

・100%純粋バージニア葉
・リッチで深い味わい
・ドイツ製

開封時の匂いは少なめ。で、単純にたばこ葉の匂いです。

葉は乾燥気味で、刻みも太めに見えます。

RedFire(180度)で吸ってみたところ、苦みを感じました。

チェ赤と同じような感じでしたので、少し加湿した方が良さそうです。

癖の無いナチュラルな味で、甘みはほとんど感じません。

普通にバージニア葉のみの味といった感じです。

最近あまり感じていなかったニコクラを少し感じたので、ニコチンは若干強めかもしれません。

続いて加湿後。

RedFire(170度)で吸ってみたところ、若干弱まった気がしますが苦み(辛み)はあります。

相変わらず薄味で、甘みもなし。

辛みがあるせいか他のバージニア系統のシャグに比べてキックは強く感じます。

C-vapor3(170度)+コーヒーリキッドで吸ってみたところ、相変わらず辛いのですが、コーヒーの味が混ざって、多少吸いやすくなりました。




ヴェポライザーで同じシャグだけ吸っていると飽きる(ヴェポライザー日記#10)

イメージ
最近思う。

同じシャグを吸い続けると飽きる!

煙を吸っていた頃には飽きることは無かったのですが、ヴェポライザーで同じシャグを吸い続けると飽きます。

何でかなぁと考えてみたのですが、私が思いついた答えは一つだけでした。


多分ですが、食べ物や飲み物と同じ感覚になっていると言うことです。


どんなに好きな食べ物でも、いつもいつも食べていたらそのうち飽きが来ます。

ヴェポライザーで吸うシャグも、水蒸気なので、食べ物みたいな感覚になっているのでは無いかと思います。


そんな中にも、飽きが来やすいものと来にくいものがあるのですが、それでも一種類だけの場合は私は1週間が限度のようです。





今のところ、開封したらなるべく吸いきってから次のシャグを開封するようにしているのですが、3種類くらいを開封して色々吸った方が良いかもしれないと考え始めています。


当面はメンソールでも混ぜながら、口に合う着香シャグを探してみたいと思います。


試供品で吸ったスタンレーのコーヒーは何とか吸えそうな感じだったので、チョイス・カフェでも買ってみようと思います。


湿度の管理とか面倒なので、吸いきって次を開封したいと言うのが本音ですが・・・




ヴェポライザーと煙(ミスト)初心者向け

イメージ
平成が終り、令和が始まりました。


私にの生活には何も影響は無いと思いますが、平成から令和と言うことで、平和な世の中であれば良いなと思います。


さて、令和最初の記事には、ヴェポライザーの煙(ミスト)を選びました。


先日、私が投稿した動画に、煙が出ないというコメントがあったことがその理由です。




ヴェポライザーはタバコを燃やさないので、そもそも煙は無くて、出てくるのはタバコの葉に含まれる水分が蒸発して出来るミストです。

既にヴェポライザーを使っている人はわかっているとは思いますが、ヴェポライザーでタバコを吸ってもミストはあまり出ません。

しかし、始めてヴェポライザーを使うと、こんなにミスト無いのって思ってしまいます。


これは、YouTubeでヴェポライザーを紹介している人たちが、もくもくとミストを吐き出した動画を投稿しているので、そのために誤解している人が多いためだと思います。

宣伝の為とはいえ、実際にはそんなに出ないミストを出ているように紹介するのは残念な行為だと思います。


このミストは、タバコに火を付けて吸っている人からすれば、かなり物足りなく感じます。

かくいう私も、始めてヴェポライザーを使ったときは、ミストが少ないので、吸った気がしませんでした。

ミストが少ないとニコチンも少ないのでは無いかと思い、かなり吸い過ぎてしまった事を覚えています。


ヴェポライザーでは、たばこ葉を200度前後で加熱して、出てきたミストを吸います。

このミストにニコチンが溶けていて、一緒にニコチンを吸収することになります。

たばこ葉を加熱していけば、段々水分が無くなって行きますので、ミストが少なくなっていき味も薄くなっていきます。

このため、たばこ葉に水分が少ないとミストが少なかったり、味が苦くなったりします。

そもそもたばこ葉にはそれ程沢山の水分は含まれていないので、モクモクしないのが普通です。


私は、通常シャグを使いますが、乾燥しすぎないように開封後は密封性の高い容器に入れています。

ほとんどのシャグは、購入状態の湿度で問題無いのですが、シャグによっては、加湿した方が良かったり、乾燥させた方が良いものもあります。

具体的に私の場合は、チェ赤は加湿して、ゴールデンバージニアは乾燥させます。


シャグが乾燥してしまった場合には、湿らせたティッシュをペットボトルのフタに押し込んで一緒に入れておき…