お勧めの投稿

ヴェポライザーC-vapor3のチャンバーが他のヴェポライザーより汚れやすい原因と対策【シャグポン率もアップします】

ヴェポライザー「C-vapor3」のチャンバー汚れの原因についての考察です。

2019年10月から増税で、タバコが一箱あたり10円程度の値上げ、シャグも値上げですね。


・タバコは二十歳になってから!
・当サイトは、喫煙を推奨するものではありません。
・タバコは、ニコチンにより喫煙への依存が生じたり、脳卒中の危険性を高めます。

10月からまたタバコが値上げされます。昨年も10月に値上げされましたが、今回は消費税増税に伴う値上げで、2018年から2021年までの4年間、毎年増税される第2弾です。


今回の値上げは、一箱あたり10円の値上げになるようで、代表的な銘柄の値段は以下の通りとなります。

セブンスター:500円→510円
メビウス:480円→490円
アメリカンスピリット:520円→530円
メビウス・フォー・プルーム・エス:480 円→490 円

ついにセブンスターがワンコインで買えなくなりますね。

メビウス(480円)を例に、現在の税額を見てみます。

今日現在タバコにかけられている税金の種類と税額は以下の通りです。

消費税:35.55円
たばこ税(国税):116.04円
タバコ特別税(国税):16.40円
道府県たばこ税:18.60円
市町村たばこ税:113.84円

合計で300.43円となり、タバコの販売価格に占める税金の割合は、62.6%とすさまじい税率となっています。また、ガソリンと同様に、税金に消費税をかける2重課税になっています。

私は、2018年のたばこ税増税をきっかけに、ヴェポライザーでシャグを使うようになったのですが、シャグも当然値上がりになると思います。

日本たばこアイメックス株式会社が財務大臣に申請中の価格は、

アンバーリーフ:610円→620円
チョイス:750円→760円
マックバレン:750円→760円
桃山:1090円→1110円

となっています。

ざっくりと、800円未満は10円値上げで、800円以上は20円~の値上げとなりそうです。


私が始めてタバコを購入したのは50年ほど昔になります。購入したと言っても父親のタバコを買いに行っていただけで、自分で吸うために購入したわけではありません。当時父親が吸っていたのはハイライトで、一箱80円でした。タバコを買いに行くとおつりの20円が貰えらので、喜んで買いに行っていた記憶があります。

その後、自分でタバコを吸うようになったときは、マイルドセブンを吸っていて、1箱200円ぐらいでした。それから数十年。ついに一箱500円時代となり、値上げは、2020年、2021年にもあるので、まだまだたばこの値段は上がっていきます。

そもそも私がヴェポライザーを使い始めたきっかけは、コンビニでプルームテックが2箱3000円で売っているのを見かけたことでした。タバコをやめるつもりはなく、本体が安いのなら試しに買ってみようかなと言う程度でしたが、どんな感じか一応調べてみました。

タバコ葉を暖めて、出てきたニコチン入りの水蒸気を吸うもので、タバコ代が劇的に安くなるものだというのは何となく理解出来ましたが、それでニコチンがちゃんと吸収出来るのかが一番不安を感じていました。今となっては、単なる杞憂に過ぎないことはわかっていますが、その時は一番の心配事でした。

そして、色々悩んでヴェポライザーのC-vapor3を購入しました。その後、Pathfinder V2、AI-PRIME、Ocean-Cヴェポライザー、RedFireと購入し現在に至っています。


C-vapor3


昨年までは、ケントSを吸っていましたので、月に2万円以上タバコ代を使っていましたが、現在では4千円程度になっています。紙巻きタバコに比べれば増税の影響は少ないと思いますが、それでも増税は嫌ですね。

増税をきっかけにヴェポライザーの使用を考えている人もいるかと思いますので、ざっくりと、ヴェポライザーの良い点と悪い点を少し書いておきます。

良い点


・タバコ代が劇的に安くなります。これは、1回の喫煙に使用するタバコ葉の量が少ないためで、紙巻きタバコをカットして使用する場合は、1本で4~5回吸うことが出来ます。タバコ1本25円と考えれば、1回5円ほどで吸えることになります。シャグの場合は、1回0.2g程度使うので、1g25円程度のシャグなら、やはり1回5円程度と言うことになります。
・シャグを使えば、色々な味のシャグが売っているので、好みに応じて色々試すことが出来ます。
・副流煙がでない。



なんと言っても最大のメリットはタバコ代の節約だと思います。

悪い点


・ほとんどのヴェポライザー(バッテリー2000mAHくらいのもの)は満充電で10回程度しか吸えないので、1日持ちません。外出時には2台持ちか、モバイルバッテリーが必要になります。慣れればどうって事はありませんが、
・タバコ葉の出し入れが面倒臭い。
・ヴェポライザーの掃除も定期的に必要です。
・シャグを売っているお店が少ない。

最大のデメリットは、紙巻きタバコに比べて、色々と面倒なことです。


他にも、良い点悪い点はありますが、私の場合は、たばこはやめられないし、やめる気も無い、しかしタバコ代は節約したいので、ヴェポライザーを使っています。


※2019年10月2日追記


主な人気シャグの価格(一部別価格の物もあります)

チェ:600円(+20円)
コルツ:970円(+20円)
スタンレー:740円(+20円)
バリシャグ:1,050円(+20円)
ゴールデンバージニア:1,260円(+30円)
ハイタバコ:860円(+20円)






0 件のコメント :

コメントを投稿