お勧めの投稿

シャグの保存と持ち運びと粉シャグ予防

シャグの持ち歩きには色々なケースを使いましたが、最近の状況を紹介します。 まず、シャグを開封したら、密封性の高い容器に入れて、ヒュミストーンで加湿します(湿気の多いシャグを除く)。容器は、以前も紹介したダイソーのガラス製密封容器です。この容器に入れておけば、しっかり密閉され...

簡易の水パイプ(ボング)を作ってみました。


・タバコは二十歳になってから!
・当サイトは、喫煙を推奨するものではありません。
・タバコは、ニコチンにより喫煙への依存が生じたり、脳卒中の危険性を高めます。

先日来、シャグを甘くしようと色々実験しているのですが、どうしても上手くいきません。

ツイッターで、ボングを使うというヒントを貰えたので、早速手近にあるものを使ってボングを作ってみました。

(ヒントを頂いた方々に感謝したします!)

材料

・ダイソーワンタッチ式スリムボトル
・アルミパイプ
・シリコンチューブ
・アルミテープ

使ったのは以上です。


作り方はできあがりを見ればわかると思いますが、ボトルにカッターで穴を開けて、シリコンチューブを差し込んで、フタにアルミパイプを差し込み、隙間をアルミテープでシールドしただけです。


水パイプ(ボング)



ボトルに蜂蜜を入れて、水で溶いてやりました。


シリコンチューブのもう一方をC-vapor3につないで、早速吸ってみました。


C-vapor3に水パイプ


遠くの方でかすかな甘みを感じます。

蜂蜜を直接シャグにかけたときと比べれば、甘みは出ていますが、すごく甘いと言うまではいきませんでした。


甘みを出すにはやはり、砂糖の数百杯の甘みを持つ人工甘味料なの方が良いのかと思いますが、色んなものを入れて試してみるのも良さそうです。


ヴェポライザーの場合は、出てくるのが水蒸気なので、水パイプにはやはり向いてないかと思いますが、折角作ったので、色々試してまた結果は報告したいと思います。





0 件のコメント :

コメントを投稿