投稿

11月, 2018の投稿を表示しています


ヴェポライザー購入前の疑問と購入後の答え

イメージ
喫煙習慣のある人は、ヴェポライザーに多少なりとも興味を興味を持つと思うのですが、購入前に色々疑問があると思います。ここでは、私が疑問に感じたことと、その答えを紹介します。

ヴェポライザーの簡単ニコ汁対策

イメージ
ヴェポライザー使用中に気になるニコ汁対策

ヴェポライザーWEECKE C-Vapor3 vs Hugo Vapor Pathfinder V2

イメージ
加熱式タバコのヴェポラーザー「C-Vapor3」vs「パスファインダーV2(Pathfinder V2)」の2台を使うことでわかってきた違いを見ていきます。
値段がかなり違うので、比較するのは、「パスファントムV2」にはちょっとかわいそうですが、比較することで色々見えてきます。

WEECKE C Vapor37980円で購入


Hugo Vapor Pathfinder V22010円で購入


比較しながら、良いところや悪いところを見ていこうと思います。

加熱方式
どちらもコンダクションで、葉を直接暖めて使うタイプです。

チャンバー
C-Vapor3:セラミック 内径約10ミリ・長さ約17ミリ

パスファインダーV2:ステンレス 内径約10ミリ・長さ約20ミリ

ステンレス製のスペーサーを使っているので、違いが良く解りませんが、セラミック製の方が、評価は高いようです。

C-Vapor3の方は、チャンバーの上も金属製になっています。


パスファインダーV2はチャンバーの上はゴム(樹脂?)です。若干精度が悪いです。


温度設定
C-Vapor3:10度単位で230度まで

パスファインダーV2:1度単位で220度まで

私の場合最高でも210度くらいまでなので、どちらも問題ありません。

バッテリー
C-Vapor3:2300mAh

パスファインダーV2:2200mAh

サイズはC-Vapor3の方が少し大きいですが、極端に電池持ちが良いわけではありません。

パスファインダーV2は、パススルー(充電しながら使用すること)が可能です。

取説には、パススルー対応とは書かれていないので、自己責任での使用となりますが、これによって故障率が高まるようなことがないなら、かなりのメリットです。

モバイルバッテリーを持ち歩けば、どこでもバッテリーの残量を気にすること無く使うことが出来ます。

C-Vapor3は、パウスルー非対応で、充電中は加熱できません。

パススルーできるヴェポライザーはほとんど見かけないので、パスファインダーV2はそう言う意味では、稀少な1台だと思います。

加熱速度
表示を見る限り、C-Vapor3が圧倒的に速いのですが、実際喫味が出てくるのは、若干パスファインダーV2が遅いような感じですが、ほとんど変わらない感じです。

空気弁
C-Vapor3:あり

パスファインダーV2:な…

ヴェポライザーとシャグでタバコ代がどれくらい節約?

イメージ
ヴェポライザーとシャグ(刻みタバコ)で、どれくらい節約になったのか、ざっくり紹介します。

激安ヴェポライザー!Hugo Vapor Pathfinder レビュー【ヴェポライザーをとりあえず試してみたいならこれ】

イメージ
先日、「WEECKE C-Vapor3」を購入して、ヴェポライザーデビューをしたのですが、出先で充電が切れたときの予備と言うことで、ヴェポライザー「Pathfinder V2(パスファインダーV2)」を購入しました。

ヴェポライザーWEECKE C-Vapor3レビュー

イメージ
ヴェポライザーC-vapor3を買ってみました