ヴェポライザー「WEECKE C-VAPOR4.0」のニコ汁対策



WEECKE C-VAPOR4.0

WEECKE C-VAPOR4.0を使い始めて3ヶ月が経過しました。C-VAPOR3と比較して、チャンバーにニコ汁が落ちて焦げ付くことはかなり少なくなっています。これは、マウスピース内のセラミックパーツが大いに貢献しているのですが、調子に乗って吸っていると、セラミックパーツで止められないほどニコ汁が溜まってオーバーフローします。こまめに掃除してたまったニコ汁を吸い取ってやれば問題ないのですが、C-VAPOR3の時にやったニコ汁対策をしてやれば、多少セラミックパーツに溜まるニコ汁を減らすことが出来ます。

セラミックパーツ


現状では、マウスピースのガラス部分やヒートシンク部分に出来たニコ汁がセラミックパーツに溜まるのですが、ガラス部分に溜まったニコ汁がセラミックパーツに落ちないようにします。使用するのは、外形5ミリのシリコンチューブです。ドリップチップに長さ1センチ程度のシリコンチューブを差し込んでやるだけです。C-VAPOR3でも、これをやるだけでチャンバーにニコ汁が落ちなくなりましたが、構造の似ているC-VAPOR4でも同様の効果があります。

WEECKE C-VAPOR4.0ドリップチップ

これで、セラミックパーツに落ちるニコ汁の量が減るので、セラミックパーツの掃除の頻度を減らすことが出来ます。その代わり、ドリップチップにニコ汁が溜まるので、こちらはこまめにお掃除という感じになります。ただ、掃除については、ドリップチップの方が楽なので、セラミックパーツの手入れが面倒だと感じている人にはお勧めです。

その後、もう一つのニコ汁対策を思いつき、現在はそちらをやっています。使うのは綿棒だけです。やることは至って単純で、吸い終わったら、マウスピースに綿棒を突っ込んで、ドリップチップとセラミックパーツのニコ汁を吸わせるだけです。基本的に次に吸うまで入れっぱなしにします。

WEECKE C-VAPOR4.0

もちろん1日1回は水洗いしますが、綿棒を差し込んでおけば、ニコ汁がオーバーフローしてチャンバーに落ちることはほとんど無くなります。綿棒交換の頻度は、人それぞれになると思いますが、私は1本の綿棒を複数回使っています。綿棒が刺さる機種ならどのヴェポライザーでもニコ汁対策になると思います。





0 件のコメント :

コメントを投稿