お勧めの投稿

ヴェポライザーC-vapor3のチャンバーが他のヴェポライザーより汚れやすい原因と対策【シャグポン率もアップします】

ヴェポライザー「C-vapor3」のチャンバー汚れの原因についての考察です。

シャグをオブラートで巻いてみた


・タバコは二十歳になってから!
・当サイトは、喫煙を推奨するものではありません。
・タバコは、ニコチンにより喫煙への依存が生じたり、脳卒中の危険性を高めます。

先日、シャグを巻いて吸ってみたのですが、不味くて吸えませんでした。

ヴェポライザーに慣れて以来、紙巻きが不味く感じるようになっているのですが、手巻きでもやっぱりダメでした。

もしかしたら紙が燃える味が不味いのかと思い、別のものは無いかと考えたときに、オブラートがふと思いつきました。

薬局に行くと、袋状のものと丸いものしか売っていなかったので、とりあえず、丸い方を購入。


オブラート


オブラートの成分は、デンプン。菜種油、乳化剤となっています。

とりあえず、四角く切り取ってフィルターを付けて細巻きしてみました。




紙に比べるとかなり巻きにくいと言うのが実感ですが、まぁ、吸えればいいやと言うことで、これで吸ってみました。

どうだったかというと、しっかりとオブラートが止まらないため、スカスカで吸えませんでした・・・・・

一応少しは味を感じることは出来たのですが、紙巻きと同じような味でした。

結局、私が不味く感じるのはシャグが燃えるときの味なんだなと言うことはわかりました。


折角なので、太巻きにしてヴェポライザーでも試してみました。




これをOcean-Cヴェポライザーに入れて170度で吸ってみました。

感想は、薄くて物足りない・・・・

味が出るまで時間がかかる上に、味が出始めても薄い・・・・

温度を上げれば少しは変わるかもしれませんが、美味しく吸えそうな気がしなかったので、試しませんでした。

吸い終わったシャグは下の写真の通り。




オブラートが溶けてチャンバーにくっついたら嫌だなぁと思っていましたが、ちょっと縮まった感じで、ぱりぱりになっていました。


結論としては、残念ながら使えないということになりました。

それでも、シャグが燃える味が私にはもうダメなことがわかったことと、オブラートは熱しても溶けないことがわかったことが成果と言えば成果でしょうか・・・


何か使えそうなことを思いついたらまた試してみようとは思います。

一つ思いついたのは、袋状のものをつかって、一回分のシャグを入れて持ち歩くくらいなら使えるかもしれないと言うことですが、面倒なので私はきっとやらないだろうなぁ・・・・






0 件のコメント :

コメントを投稿