お勧めの投稿

ヴェポライザーの掃除・お手入れ方法!茶色く汚れたチャンバーも真っ白に

紙巻きタバコは、吸い終わったら火を消して灰皿へ捨てれば終ですが、ヴェポライザーは、お手入れが必要です。 今回は、私が普段やっているヴェポライザー(C-vapor3・Ocean-Cヴェポライザー・RedFire)のお手入れ(掃除)の仕方を紹介します。 基本的にダイソー...

ヴェポライザーとシャグとニコチン量


・タバコは二十歳になってから!
・当サイトは、喫煙を推奨するものではありません。
・タバコは、ニコチンにより喫煙への依存が生じたり、脳卒中の危険性を高めます。

紙巻き煙草からヴェポライザーに変更すると、どれくらいシャグが必要になるか気になるところだと思います。

今回は、私が消費しているシャグの量から、費用やニコチン摂取について書いていこうと思います。

ヴェポライザーとシャグ


シャグの使用量


ヴェポライザーを使い始める前は、ケントS1を概ね2箱吸っていました。1日40本程度ですので、本数的にはヘビースモーカーでしょうか。

では、ヴェポライザーを使用し始めてから、どれくらいのシャグを消費したかというと、約95日で、380gでした。1日4g位使用したことになります。私の場合、1回に使用するシャグの量は、約0.2gだったので、喫煙回数にすれば20回程度と言うことになります。(現在はもう少し少なくなっています)

値段にするとシャグは1g25円程度ですので、1日100円くらいです。シャグは1袋25g~40gのものが多いので、一袋で6日~10日くらいは持つことになります。

シャグの購入場所


煙草代が安くなることは、あちこちで説明さえているので、簡単に知ることが出来ますが、ヴェポライザーを使うとき、シャグをどこで購入できるかは結構重要な問題だと思います。

紙巻き煙草は、コンビニで購入できるので、ほぼ毎日買っていたのですが、シャグは、ほとんどのコンビニでは売っていません。幸い私の場合は、車で10分ほどのところで売っているので、1回に4~5個買うようにしています。

自分に合ったシャグが見つかれば、もう少したくさん買っても良いと思っていますが、まだ試行錯誤をしているので、この程度にしています。

近くにシャグを行ってるお店が無いときに、最初に思いつくのは、ドンキホーテです。私の場合は、近くにドンキホーテは無いので、選択肢には入りませんが、全店舗で売っているわけでは無さそうですが、大部分の店舗でシャグの販売があるようです。

シャグを売っているたばこ屋さんもドンキホーテも無い場合は、通販でも購入できます。
配送料はかかりますが、遠方まで買いに行くよりは良いかもしれません。「シャグ通販」で検索すればすぐに見つかると思います。

シャグとニコチン量


ヴェポライザーでシャグを吸ったときに、どれくらいニコチンを吸収しているかも気になるところだと思います。これについては、科学的な検証はされていないようですし、私も検証は出来ないので、感覚的な話になります。

ヴェポライザーを購入した当初は、味の確認やシャグの取り出しなどのテストで、必要以上に吸っていた感がありますが、現在は、1時間に1回程度です。紙巻きたばこの時と比較するとかなり回数が減りました。特に我慢しているわけでは無く、シャグつめが面倒だから減ったというわけでもありません。単純に、それほど頻繁に吸いたくならないだけです。

ヴェポライザーで吸ったシャグが美味しくないというわけでもありませんし、どちらかと言えば、紙巻きたばこより美味しく感じています。このことから、通常紙巻きたばこを1本吸うよりも、一つまみのシャグをヴェポライザーで吸った方がニコチンの摂取量が多いと考えています。

ヴェポライザーで喫煙するときは、フィルターは使っていないこともあって、結構なニコチンが摂取されていると思われます。

私に関しては、たくさんシャグを詰めた方が味も濃く美味しく感じるので、結構きつめに詰めて、2度吸い3度吸いとだらだら吸っていましたが、最近は、シャグを少なめにして、1回で味がちょうど無くなる程度の量にしてます。

余談ですが、量を減らしてからは、私の持っているヴェポライザーはどれもかなりの高確率でシャグぽん出来ています。

ヴェポライザー使用で、たばこ代が安くなったり、副流煙が出ない(水蒸気なので)、車や部屋に臭いが残りにくい等のメリットが強調されがちですが、ニコチンの摂取量がかなり増えると感じています(あくまでも私見です)。

禁煙は出来そうもありませんので、気をつけて使用していきたいと思います。紙巻きタバコと同じ感じで吸っていると、ニコチンを摂りすぎるかもしれないのでお気をつけください。







0 件のコメント :

コメントを投稿