味にも変化が!「WEECKE C-VAPOR4.0」のニコ汁対策(その2)



先日、 C-VAPOR4.0のニコ汁対策について書きましたが、いまいち気に入らない点があったので、再度試行錯誤しました。そしてたどり着いたのが、手巻き用のフィルターを使う方法です。C-VAPOR3の時にも似たようなことをやった気がしますが・・・

C-VAPOR4.0については、マウスピース内にあるセラミックパーツのおかげでC-VAPOR3に比較してニコ汁がチャンバーに落ちにくくなっています。

C-VAPOR4.0のセラミックパーツ

このパーツに溜まったニコ汁をこまめに拭き取ってやれば、ニコ汁対策としては終わりと言うことになりますが、ずぼらな私は、ついつい拭き取ることを忘れて、喫煙中にニコ汁がチャンバーに落ちて、ジューッと言う音に驚かされます。そして、チャンバーにニコ汁が焦げ付いて、チャンバーのお掃除となっています。

セラミックパーツにニコ汁が少し溜まった状態で吸うと、味が濃くなって良い感じなのですが、チャンバーが汚れるのは地と困ります。と言うことで、味が濃くなる効果を残しつつチャンバーにニコ汁を落とさないためにはどうすれば良いか考えました。

その結果出た答えは、セラミックチャンバーに溜まったニコ汁を、コットに吸わせれば良いと言うことでした。そして、コットンをセラミックパーツに乗っけてやろうと思ったときに目に付いたのが、手巻き用のフィルターです。以前購入した物がたくさん余っていたので、これをカットして使うことにしました。

手巻きタバコフィルター

手巻きタバコフィルター


当初は、半分にカットしたフィルターをマウスピースのガラス部分にはめていましたが、ニコ汁対策にはちょっと力不足なので、4分の1にカットした物をセラミックパーツの上に置いて見ました。

手巻きタバコフィルター

これで、マウスピース内に出来たニコ汁がフィルターに吸われて、ニコ汁がチャンバーに落ちにくくなりました。更に、吸っているうちに、フィルターに吸われたニコ汁熱せられて再び気化、チャンバーから上がってくるミストと混ざって、結構濃い味が楽しめました。



0 件のコメント :

コメントを投稿