投稿

12月, 2019の投稿を表示しています


ヴェポライザー「WEECKE C-VAPOR4.0」を買いました

イメージ
WEECKE C-VAPOR4.0
C-vapor3を分解中にミスって壊してしまい、他のヴェポライザーも電池がへたってきたので、そろそろ新しいヴェポライザーがほしいと思っていたのですが、ほしいと思える安いヴェポライザーが見つかりませんでした。最低条件は、ガラス製マウスピースと、バッテリー容量2,000mAh で、値段は5,000円以下。そんな時、C-vapor4が発売されました。値段が7,980円と予算より高いのですが、さすがに喫煙に不自由を感じていたので、購入を決断しました。


パッケージには、「Limited Edition for Japan」と書いてあります。また「Alternative Smoking Device(代替喫煙デバイス)」とも書いてあります。こんな記載があると言うことは、日本でよく売れていると言うことでしょうね。

概要
箱から取り出すと、本体が登場です。C-VAPOR3と比較すると横幅が少しだけ広がって、背がすごく縮んだ感じです。スペックは以下の通り。

バッテリー容量:3000mAh
サイズ:53×26×100 mm
加熱方式:熱伝導式(コンダクション)
喫煙時間:通常240秒+延長180秒(合計7分)
温度帯:160℃から240℃(10℃刻み9段階)
充電:5V/2.0A
チャンバー:セラミック



内容物は、本体、日本語説明書、スペーサー(1個)日本語説明書、メッシュ×2、セラミックフィルター、シリコンリング、パッキングツール、エアパス用クリーニングブラシ、チャンバークリーニングブラシ、シリコンマウスピース。


C-VAPOR3と並べてみると、C-VAPOR4はかなりコンパクトに見えます。重量は、若干C-VAPOR4の方が重く感じました。

今回、進化ポイントはたくさんありますが、まずは、バッテリー容量。3,000mAhと大容量になりました。確認していませんが、15セッションくらいはできるのでは無いかと思っています。喫煙時間を3分延長できる機能も、なにげに良い感じです。また、充電が2A 対応となったのもうれしい点です。最近のモバイルバッテリーはほとんど2A以上なので、スマホと共用できます。


マウスピースの改良も見逃せないポイントです。C-VAPOR3のヒートシンクよりサイズが少し小さくなったので、互換性が無くなったのは残念ですが、ヒートシンク底…

topgreen XMAX ACEが令和2年1月11日発売

イメージ
ワンクリッククリーンチャンバーという面白い機能がついたヴェポライザー「topgreen XMAX ACE」が発売されます。
ヴェポライザーを使用する時、味も大切ですが、シャグの取り出しも重要な要素になります。大部分のヴェポライザーは、掻き出し棒などを使って吸い終わったシャグを取り出すことになりますが、このヴェポライザーについてはそんな心配はいらなくなりそうです。手動ですが、チャンバーの底を押し上げてシャグを排出できる機能が付きました。



マウスピースはマグネット式で脱着可能、交換可能な18650規格2600mAhの内蔵バッテリーと使い勝手も良くなっていそうです。価格は13,800円とちょっとお高めですが、魅力的なヴェポライザーです。ちなみに加熱方式はコンダクションのようです。


本体サイズは、43×24×99ミリと比較的コンパクトに収まっています。ヴェポライザーも進化してきていますね。

WEECKE C VAPOR4.0がまもなく発売

イメージ
ヴェポライザーの人気モデル「C VAPOR3.0」の後継機種「C VAPOR4.0」が12月12日発売開始。バッテリーが3,000mAhに強化され、マウスピースも改良が施されているようです。値段は据え置きで7,980円です。(Amazon






新しいエアーパス構造により、エアーパスの掃除が可能となり、新開発多孔質セラミックフィルターを採用。また、5V2A急速充電に対応しました。

バッテリー容量:3000mAh
サイズ:53*26*100 mm
加熱方式:熱伝導式(コンダクション)
喫煙時間:通常240秒+延長180秒(合計7分)
温度帯:160℃から240℃(10℃刻み9段階)

レビューはここちらでどうぞ!