お勧めの投稿

シャグの保存と持ち運びと粉シャグ予防

シャグの持ち歩きには色々なケースを使いましたが、最近の状況を紹介します。 まず、シャグを開封したら、密封性の高い容器に入れて、ヒュミストーンで加湿します(湿気の多いシャグを除く)。容器は、以前も紹介したダイソーのガラス製密封容器です。この容器に入れておけば、しっかり密閉され...

安いワインでシャグを加湿してヴェポライザーで吸ってみた


・タバコは二十歳になってから!
・当サイトは、喫煙を推奨するものではありません。
・タバコは、ニコチンにより喫煙への依存が生じたり、脳卒中の危険性を高めます。

加湿シリーズ第?回目です。

今回は、安いワインで加湿してみました。

赤ワインです。

と言うことで今回は、一気に結論です。

2回分ほど小分けして24時間加湿後に吸ってみると、シャグが湿るだけで、味の変化はありませんでした。

加湿していたケーズのふたを取ると良い匂いがしたので少し期待したのですが、特に変化無しと言うことで少しがっかりしました。

安いワインだったのでダメだったのでしょうか?


実験自体は失敗でしたが、今回はちょっとひらめきました。

普段の加湿で、ワインを使うのはどうだろう?

水で加湿しすぎるとべちょべちょで美味しくないのですが、ワインなら多少過加湿になっても問題無いのでは無いかと考えました。

もともと、シャグは洋酒のような匂いがするので、ワインがシャグの匂いが飛んだ分を補ってくれないかなぁと考えていまあす。

そんな結果になるのかは想像もつきませんし、効果がわかりにくいとは思いますが、当面は、シャグの湿度調整にワインを使ってみようと思っています。

とりあえず、現在は、今吸っているチェ赤をワインで湿度調整しています。


チェシャグ


美味しくなってくれるとうれしいのですが・・・・

※追記

チェをワインで加湿してしばらくたちました。

匂いはやはりそのままですが、少しまろやかになったような気はしています。

苦みを感じるシャグにはワインでの加湿も良さそうだと感じています。






0 件のコメント :

コメントを投稿