ヴェポライザーPathfinder V2のドローを重くする



最近めっきり出番の少なくなったヴェポライザーPathfinder V2ですが、手巻き用のフィルターを使ってドローを少し重くしてみました。


ドローの軽さには慣れているのでそれ程気にはならないのですが、このヴェポライザーはドローがスカスカです。

安井ヴェポライザーなので、あまり多くを求めるつもりもありませんが、ちょっと手を入れ衣改善できることは積極的にやっていくという方針で、ちょっと遊んでみました。

pathfinder V2


最近は、C-vapor3で、手巻きタバコのフィルター使って色々試していたので、今回はそのついです。

やり方


pathfinder V2のマウスは、構造的に、内部にフィルターを取り付ることができます。

と言うことで、直径6ミリの手巻き用フィルターを、pathfinder V2のマウスピースの中に取り付けてみました。

大きすぎるとドローが重くなりすぎるので、5ミリほどにカットしたものを取り付けました。

マウスピース


結果、そこそこドローは重くなりました。

ただ、これでは味があまりしないので、3ミリほどにして見ました。

個人的には程よいドローの重さになりました。

pathfinder V2は、フィルター無しで吸うと結構ガツンとくるのですが、フィルターを付け羽r事で、少しマイルドになりました。

フィルターが焼けるような味を少し感じるのですが、ミストの甘みがスーッと舌に当たる感じはなかなか良い感じです。

ニコ汁よけにもなりそうなので、フィルター交換が面倒ですが、家で吸う分にはありかと思いました。



0 件のコメント :

コメントを投稿