お勧めの投稿

ヴェポライザーの掃除・お手入れ方法!茶色く汚れたチャンバーも真っ白に

紙巻きタバコは、吸い終わったら火を消して灰皿へ捨てれば終ですが、ヴェポライザーは、お手入れが必要です。 今回は、私が普段やっているヴェポライザー(C-vapor3・Ocean-Cヴェポライザー・RedFire)のお手入れ(掃除)の仕方を紹介します。 基本的にダイソー...

アンバーリーフ(黄・ブロンド)ヴェポライザーでシャグ【シャグレビュー】


・タバコは二十歳になってから!
・当サイトは、喫煙を推奨するものではありません。
・タバコは、ニコチンにより喫煙への依存が生じたり、脳卒中の危険性を高めます。

アンバーリーフ AMBER LEAF

無着香 25g 620円 24.8円/g 湿気中

・バージニア葉を主体に、バーレー葉とサンキュアード葉をブレンド
・熟成感のある甘みと、ほのかに酸味のある芳醇な香り立ち
・EU製。

AI-PRIME(200度)で吸った第一印象は、ハイタバコ・バージニアブレンドと似ているかなと言う感じで好きな味ですが、ハイタバコ・バージニアブレンドの方が若干甘い感じで、アンバーリーフの方が味がきつく感じます。

AI-PRIME(180度)でも、そこそこ味は濃く感じますが、200度の方が私の口には合いました。

アンバーリーフ・ブロンドの方が若干マイルド用なので、次回はそちらも購入してみようと思います。

ハイタバコ・バージニアブレンドをメインに使用と思っていましたが、アンバーリーフの方がグラム単価も安いので、こちらをメインにしても良いかな。


アンバーリーフ


アンバーリーフ・ブロンド AMBER LEAF BLONDE

無着香 25g 620円 24.8円/g 湿気中

・厳選されたバージニア葉主体のブレンド
・熟練した職人の丁寧な手作業でタバコの中骨(ステム)を除去
・EU製

開封すると、ウィスキーに似たとても良い香がします。

AI-PRIME(200度)で吸うと、程よいキック感で、とてもまろやかな喫味でした。

低温では味が出にくいかもしれませんが、癖の無い味わいは普段吸いにはとても良さそうです。

スムーステイストと書いてあったので、コルツ・100%ナチュラルのような薄味かと思っていたのですが、アンバーリーフやハイタバコ・バージニアブレンドより少し軽い感じで、とても吸いやすく感じました。

アンバーリーフかアンバーリーフ・ブロンドか、どちらをメインにするか悩むところです。


アンバーリーフ・ブロンド






0 件のコメント :

コメントを投稿