お勧めの投稿

ヴェポライザー雑記帳メニュー

メニューページです。ヴェポライザーやシャグのレビュー、便利な小物や色んな実験をした結果などラベルごとに分けてあります。 AI-PRIME :AI-PRIMEレビュー他 C-vapor3 :C-vapor3レビュー他 Ocean-Cヴェポライザー :Oce...

AI-PRIME改造で喫味を変えてみる


・タバコは二十歳になってから!
・当サイトは、喫煙を推奨するものではありません。
・タバコは、ニコチンにより喫煙への依存が生じたり、脳卒中の危険性を高めます。

AI-PRIMEは、チャンバーからマウスプースの間で外気が混入する場所があります。

今回は、そこを塞ぐことで、AI-PRIMEの喫味を変えてみます。

AI-PRIMEを分解すると、下のようになっています。

AI-PRIME


先ずは、煙管とチャンバーの継ぎ目を塞いでいきます。

ここは、基板からチャンバーに配線が伸びていて、この隙間から空気が入ります。

また、煙管の掃除をしたときは逆にここから液が漏れたりもするので、故障の原因になります。

使ったのは、普通の木工用ボンドです。

耐熱のシリコンの方が良いかもしれませんが、ツイッターの投稿からヒントを貰って木工用ボンドを使いました。

健康への影響はわかりませんので、やるときは自己責任でやってください。

 やることは簡単で、この部分に表と裏から木工用ボンドを付けて、爪楊枝でつついてやるだけです。

AI-PRIME


AI-PRIME


ここを塞ぐと、ドローが少し重くなり、シャグの味が濃厚になります。

つぎに、煙管の先端のところを塞ぎます。


AI-PRIME


こちらは、裏面から木工用ボンドを塗って、爪楊枝でつついてやりました。

この部分からも、空気が入り込むのですが、ここを塞ぐとかなりドローが重くなります。

チャンバーの方を塞いで、ドローがまだ軽いと感じたら塞いでみると良いかもしれません。

この2カ所を塞ぐと、チャンバーから直にマウスピースまでミストが運ばれるため、かなり濃い味になります。


個人的には、味が濃厚になって気に入っていますが、ドローは少し重すぎたかなと感じています。





0 件のコメント :

コメントを投稿