アメスピ・オーガニックミントをヴェポライザーで吸ってみる



アメスピのメンソール、オーガニックミントを加湿して吸ってみました。




前回のメビウスに続いて、今回は、アメスピ・オーガニックミントをバラして加湿しました。

メンソールの紙巻きタバコは、フィルターに仕込んである事が多いようですが、アメスピ・オーガニックミントは葉にメンソール味がついていました。

先ずは加湿したものを吸う前に、加湿無しの葉を吸ってみます。

C-Vapor3(200度)で吸いました。

軽いメンソール味と、メビウスほどでは無いですが、苦みがあります。

ちょっと弱めですが、キック感はあります。

まぁ、吸えないことはないですが、水分が直ぐにぬけてしまうので、メンソールも味も長持ちしない感じです。

続いて霧吹きで水をかけて吸ってみます。

ちょっと水をかけすぎたせいかもしれませんが、メンソールも味もあまり無く、苦みも無くなりました。

メンソール味が飛んでしまうようで、どちらかと言えば、たばこの味の方を感じます。

2度吸いでかすかに甘みが出ましたが、メンソールは飛んだままでした。

最後に加湿したものを吸ってみます。

加湿方法は、いつもと同じで、湿らせたティッシュをペットボトルのフタに入れて、葉の横に置き、フタをして放置です。


アメスピ・オーガニックミント


加湿した葉を見ると、メビウスよりも細かくカットされていました。

今回は、1日以上加湿したものを吸ってみました。

まず感じるのは、メンソール!

1回目はほとんどメンソールの味です。

キックは軽めで、たばこの味はあまり感じませんでした。

2度吸いで、メンソールが薄れてきて、かすかに甘みを感じますが、味は薄めです。

シャグに比べて味が薄いのですが、不味いという感じではありません。

メンソールを吸っているなぁと言う感じです。

私は、メンソールが特に好きというわけでは無いので、メンソールのシャグを一袋買うことは無いのですが、ちょっと加湿しておいて、たまに吸うのも良いかと思いました。



0 件のコメント :

コメントを投稿