お勧めの投稿

シャグの保存と持ち運びと粉シャグ予防

シャグの持ち歩きには色々なケースを使いましたが、最近の状況を紹介します。 まず、シャグを開封したら、密封性の高い容器に入れて、ヒュミストーンで加湿します(湿気の多いシャグを除く)。容器は、以前も紹介したダイソーのガラス製密封容器です。この容器に入れておけば、しっかり密閉され...

メビウスをヴェポライザーで吸ってみる


・タバコは二十歳になってから!
・当サイトは、喫煙を推奨するものではありません。
・タバコは、ニコチンにより喫煙への依存が生じたり、脳卒中の危険性を高めます。

カットしてそのままヴェポライザーで吸うと、とっても美味しくないメビウスの、葉だけを取り出して吸ってみました。




ヴェポライザーを使い始めてから、紙巻きタバコが不味くて吸えなくなっているのですが、放置してあるメビウスを使わないのももったいないので、葉だけを取り出して吸ってみることにしました。

先ずは、葉を取り出したままの状態で、ヴェポライザーに入れて吸ってみました。

シャグでも乾燥していると同じなのですが、かなり苦く感じます。

しかし、紙を巻いたままの状態と違って、嫌な味はありませんでした。

ただ、ひたすら苦いだけです。

続いて、しばらく加湿してから吸ってみました。

メビウスを加湿


加湿方法は、いつもと同じで、湿らせたティッシュをペットボトルのフタに入れて、葉の横に置き、フタをして放置です。

取り出したばかりの葉は、ぱさぱさで乾燥しきった感じでしたが、1日放置すると、ふわふわになっていました。

ふわふわになったところで、C-Vapor3(200度)で吸ってみました。

乾燥した状態で感じた苦みはほとんどありません。

味は薄めで、軽いキック感です。

シャグはしばらく吸っていると甘みが出てくるのですが、メビウスでは、味が出るまで時間がかかるような感じで、最初は甘みがほとんどありません。

ある程度わかってはいましたが、こうやって吸ってみて感じたのは、結局紙が不味いと言うことでした。

加湿に時間がかかるので、緊急時の代用品には向かないので、試しに、霧吹きで水をかけたものも試してみました。

若干味が濃くなり、キック感も少し増えた気がしますが、やはり薄味です。

さらに、直接水をかけたせいで、水っぽさがかなり出ます。

いずれの場合も味は薄いのですが、不味いと言う感じでは無くなります。

ただ、2度吸いでやっと味が出始める感じでした。

不思議なもので、私の場合は、3度吸いが味が程よく出て美味しく感じられました。


コスパについては、加湿した場合は、2本で3回分くらいで、直接噴射なら、1本で1回分にしかなりません。

2度吸いすれば、そのまま火を付けて吸うよりはマシですが、コスパはあまりよく有りません。







0 件のコメント :

コメントを投稿