お勧めの投稿

ヴェポライザー雑記帳メニュー

メニューページです。ヴェポライザーやシャグのレビュー、便利な小物や色んな実験をした結果などラベルごとに分けてあります。 AI-PRIME :AI-PRIMEレビュー他 C-vapor3 :C-vapor3レビュー他 Ocean-Cヴェポライザー :Oce...

シャグをウィスキーで加湿してヴェポライザー(C-Vapor3)で吸ってみた


・タバコは二十歳になってから!
・当サイトは、喫煙を推奨するものではありません。
・タバコは、ニコチンにより喫煙への依存が生じたり、脳卒中の危険性を高めます。

シャグをウィスキーで加湿するとどうなるのか、ちょっと興味がわいたのでやってみました。




使ったシャグは、ハイタバコ・バージニアブレンド。

ハイタバコ・バージニアブレンド

ウィスキーは、たまたま家にあった「EARLY TIMES」。

EARLY TIMES


バーボンですね。

あまりウィスキーは好きな方では無いのですが、何故か炭酸水が冷蔵庫にあったので、ハイボールを作るために購入しました。

不味くは無かったのですが、やっぱりビールの方が好きなので、そのまま放置されていたものです。

とりあえず、ティッシュにウィスキーを湿らせて、ペットボトルのフタに押し込んで、プラスチックケースにシャグと一緒に入れました。

4時間経過


C-Vapor3(200度)で吸ってみました。

C-Vapor3


ハイタバコ・バージニアブレンドは元々洋酒っぽい匂いなので、ちょっとわかりにくいですが、ゆっくり吸うとかすかに舌にウィスキーの味を感じます。

本来の味が若干強まったような気がしますが、4時間だとまだ極端な違いは感じられませんでした。

18時間経過


C-Vapor3で(200度)で吸ってみました。

ゆっくり吸い込むと、1回目ははシャグが持っている甘みのようなものが消えて、薄いウィスキーの味を感じます。

2度吸いすると、ウィスキーの味が薄れてきて、シャグ本来の味に戻る感じです。

ゆっくり吸い込むのが前提ですが、1度目は甘みがとれて薄いウィスキーの味で、2度吸いすると、元々の味という感じです。

今回は、湿度70%程のシャグをそのままウィスキーで加湿しましたが、シャグを一度乾燥させてからウィスキーで加湿すれば、もう少し違う感じになるかもしれません。

醤油スプレーで一吹き


最後にダイソーの醤油スプレーを一吹きして吸ってみました。

元々は、リキッドをこれでシャグに吹き付けるつもりで購入したのですが、想定内でしたが、リキッドは粘度が高いため霧状にはなりませんでした。


当然と言えば当然ですが、気化したウィスキーを吸っているので、1回目は舌に当たる味は薄いウィスキーです。

18時間加湿と似たような感じですが、若干ウィスキー感は高まります。

2度目は18時間同様にシャグの味が出始めますが、まだ、ウィスキー感が残っています。

18時間加湿の時にも感じたのですが、2回目の方が美味しく感じました。

これを1日吸っていると酔いそうですね・・・

車の運転はしない方が良いかもしれません・・・・・

4時間加湿、18時間加湿、スプレーを試しましたが、時間をかけて加湿するより、シュッと一吹きした方が手っ取り早いと思います。

ただ、スプレーだとシャグがベタつきますので、シャグは取り出しにくくなります。

今回は、バーボンでやりましたが、果実から作られたブランデーも良いかもしれませんね。

私的には結構美味しいと感じましたので、たまにやっても良いかなと思っています。

※追記

ここまでやったら、やっぱりウィスキーを直接加熱してみないといけないと思い、AI-PRIMEについていた、リキッド用のポッドを使ってやってみました。


最初はまさにウィスキーという感じでしたが、あっという間に蒸発してしまいました。

ちょっと小さすぎて味わう間もなく終わってしまいました。







0 件のコメント :

コメントを投稿